予防歯科

斉藤歯科クリニック式予防歯科のススメ!

現代の虫歯治療は、虫歯になった箇所を削る方法以外、治療法がありません。歯は削る事によって健康な状態よりも抵抗力が落ちてしまいます。その為、近年予防歯科が非常に重要視されています。斉藤歯科クリニックでも特に力を入れている治療分野です。

スウェーデンと日本の予防への意識の違い

スウェーデンでは、歯科医院への定期検診受診率が成人では80%〜90%。子供ではほぼ100%です。アメリカでは70%〜80%です。
それに対して日本の定期検診率は約6%ととても低いのが現状です。
8020運動(80歳までに自分の歯を20本残そうという運動)はスウェーデンやアメリカでは2010年に既に達成しているのに対して、日本では20〜30年後とかなり先進国の中では遅れをとっています。

平均残存歯数

下記グラフは年齢ごとの平均残存歯数です。これは、『虫歯になって歯医者にいく』か『虫歯にならない為に歯医者にいく』かの違いだという事がわかっています。
虫歯にならない為に歯医者に行く方は約1〜2ヶ月に1度は定期検診の為に歯科医院でメンテンナンスを行ってします。
欧米では、治療だけでなく予防歯科などのメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上しました。

予防歯科を促進し、QOLの向上を目指します

お口の健康を通して患者さまの全身の健康を守るためにも、予防歯科にも力を入れています。PMTCと呼ばれる専門家による機械を使用した歯の清掃や、高濃度フッ素の塗布などを行っています。
そのほかに、日々の生活環境を維持していく方法をご提案しています。また、虫歯の本数、歯周病の進行状況など、患者さまのお口の状態に合わせ、当院では、3ヵ月から半年程度の間隔で定期健診のお知らせを行っています。

予防のメリットは様々あります。虫歯や歯周病による痛みを経験せずにすむのはもちろんですが、お口の健康を守る事で、将来の治療費を抑える事もできます。
お口の健康を守る事は、日々の生活を快適に送るためにも大切な事です。
それは、患者さま自身の「QOL(生活の質)」の向上にも繋がっていくのです。

セルフケアの徹底

当院は非常に強い痛みを伴う患者さま以外は、下記のようなステップで治療を開始していきます。
当院でもっとも大事にしていることが「セルフケア」の徹底です。
そしてその次に「アセスメント」と言って、虫歯の原因を分析する事です。システムでわかりにくい事があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

1.検査・説明

口腔内写真、レントゲン検査等を行います。治療の大まかな流れを決めます。

TBI、セルフケア指導

虫歯と歯周病の原因であるプラークを確実に減らすためのケアを指導します。口の中の環境が良くならないと、治療をしてもうまく治りません。

TBI、歯石除去

セルフケア指導が必要な方は継続しながら、歯石除去の治療に入ります。虫歯治療や補綴治療の前に、口の中の環境を整えることが最も大事なことです。人により歯石除去の回数は変わります。

再評価

初診時と同様の検査を行います。口の中野の状態がどのくらい良くなったのかを評価します。この日は検査だけの日です。

治療計画相談

虫歯の治療が必要な方は検査資料をもとに治療計画を提案します。この日は相談だけの日ですので、なんでもお気軽に相談して下さい。

治療開始

計画に沿って治療を行います。

再評価

全ての治療が終わりました。再度初診時と同様の検査を行います。

メンテナンス

全ての治療が終了したら、再発防止の為にメンテナンスを定期的に行います。

定期検診の重要性

上記画像は定期的に検診を受信し、予防を怠らなかった方と、予防せずに虫歯になっては治療を繰り返していたかたとの治療費の差を表しています。
定期検診を怠った方は、自分の歯を失うだけでなく、それを補うために非常に高額な治療費を払わなければいけません。

歯のプロフェッショナルが汚れを見極め、しっかり落とす

歯のプロフェッショナルPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)日頃の歯ブラシのケアだけでは落とすことのできない歯垢(プラーク)や歯石、茶渋、ヤニなどを機械的に取り除き、ポリッシング(研磨)、空気と研磨剤による微細な研磨、フッ素塗布などを行うケアです。
特に、歯の表面に付着し成熟した歯垢は、多種多様な細菌が複雑にからみあった「バイオフィルム」を作り出しており、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。
また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、ぬり薬、うがい薬などの効果もない場合があります。
また、歯石となって歯にこびりついてしまった細菌の塊りも歯ブラシでは落とすことができません。
これらの汚れをつけたままにしておくと、歯周病や口臭の原因となったり、それらによって歯ぐきが腫れる、歯が動揺するなどの症状が出てくることもあります。
食べ物による着色や、タバコのヤニも同様に歯ブラシだけではきれいに落とすことができません。
それらの汚れを一気に落とし、ピカピカに磨き上げるのがPMTCというクリーニング方法です。

EMS社Air-Flowによる歯のクリーニングシステム

EMS歯の表面などの細かい溝に付着した
がんこな汚れを除去

当院ではEMS社のAir-Flowシステムを利用して、歯の表面などの細かい溝に付着したがんこな汚れを除去します。

EMS社のAir-Flowシステムでは、歯を傷めないシリコンコーティングをしたパウダーを使用します。
お口と歯にやさしいパウダーと水により、痛みや嫌な音もなく、お口の中を快適に清掃していきます。
汚れを取りながら、歯を磨くので、歯がツルツルになります。

お子様の予防歯科

成人の予防歯科とお子様の予防歯科では少し意味合いが変わってきます。
お子様は歯医者というと怖いというイメージをもっていると思います。
まずはお子様に対しての予防歯科は『歯医者は怖くない』というイメージを持たせることから始まります。
治療を行わなければ、痛くもないので気軽に歯科医院に来ることができます。その上で、下記の3つを行っていきます。

1.歯磨き指導(TBI)

TBI子供の歯は形が小さく、歯並びも複雑なので成人よりも磨きにくいです。
少しでも磨き残しがあるとそこから虫歯は広がっていってしまいます。そこでTBIという歯磨き指導があります。
幼少期に正しい歯磨きを覚える事によって、今度、虫歯になるかどうかも大きく変わってきます。

2.シーラントで溝を埋める

シーラント歯の表面には複雑な溝があり、この部分に食べ残しが付着し、虫歯になってしまう恐れがあります。
そこで、虫歯の原因となりやすい、溝を埋めてしまうのがシーラントです。
でこぼこがすくなくなり、食べかすが残りにくくなるため、歯の予防に繋がります。

3.フッ素塗布

フッ素フッ素は歯を虫歯に強くする働きがあります。
市販の歯磨き粉などにも含まれていますが、歯科医院では、歯磨き粉などのフッ素よりも高濃度のフッ素を直接塗ることによって、抵抗力を高める方法があります。