歯周病

歯周病とは

歯周病歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染して、歯茎が腫れたり出血したり、最終的に歯周組織が破壊され、歯が抜けてしまう病気のことです。
歯肉炎や歯周病とも呼ばれます。日本人成人の約80%もの人が歯周病にかかっていると言われています。
歯垢は時間が経つと、歯磨きは取り除く事ができない歯石になってしまいます。
歯石自体は歯周病の原因にはなりませんが、歯磨きでは除去できないので、周囲のプラークの除去を困難にします。

歯周病と全身疾患

近年では、歯周病原性最近が全身の様々な疾患にも影響を与えていることを示す研究結果が多数発表されています。

1.心臓疾患

歯周病と関係があるとされている心臓疾患は、屍肉膜炎と虚血性心疾患(狭心症、心筋梗  塞)があります。最近では、虚血性心疾患との関係が特に注目されています。
心臓の筋肉に酸素供給をしているのは冠状動脈ですが、それが狭くなり起こる心臓病が、心筋梗塞と狭心症で、両者をまとめて虚血性心疾患と言います。

心筋梗塞・・・筋肉の一部が壊死すること
狭心症・・・血行不良の状態にあること

最近のアメリカの疫学研究により、歯周病は心臓疾患を引き起こすリスクファクター(危険因子)のひとつであるという事がはっきりとしてきました。
歯周病が進行してしまうと、身体は歯周病菌から体を守るため免疫細胞をたくさん出します。免疫細胞は、血液の流れに乗り、心臓の冠状動脈にたどり着き、そこで血管に影響を及ぼし血栓などを引き起こします。
もともと心臓弁や、心内膜壁に障害のある人は、歯周病最近が血液の流れに乗り心臓までたどり着き、細菌性心内膜炎を引き起こ事があります。

2.糖尿病

インスリンは膵臓で作り出されるホルモンのことです。インスリンは、体の細胞(栄養分を取り込む細胞)が血液中から栄養分(ブドウ糖)を取り込んで、エネルギーとして利用する働きを助けます。インスリンの作用が弱まると、ブドウ糖を取り込む事が困難となり、血液の中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなります。
これを高血糖といい、高血糖状態が続くと糖尿病になります。
インスリンの作用不足には、膵臓がインスリンを作り出す(インスリン分泌)の能力が弱まってしまう事と、インスリンに対する細胞(栄養分を取り込む細胞)の感受性が悪くなってしまいます。この二つの原因があげられます。
歯周病の細菌は、炎症の活動を活発 にさせる物質を出します。細菌が増えると炎症は強くなり、歯肉は腫れて、骨は溶けてしまいます。その物質はインスリンの働きを阻むため、糖尿病の病状が悪化するとされています。しかし、歯周病を治療し、お口の中の状態が良くなれば、インスリンの働きを阻害する物質は減少するので、糖尿病の病状は良くなります。

3.誤嚥性肺炎

肺や気管は、身体が生理的に反応する、嚥下、呼吸、咳などをすることで守られています。しかし高齢になると、これらの生理的機能は衰えてしまうため、唾液や食べ物を誤嚥する事が多くなります。
これは、咳嗽反射(咳払いなどで、異物を飲み込まないように反射すること)や、喉の防御反応そのものが衰えてくるからです。その結果、お口の細菌が肺に入ってしまい肺炎を起こしやすくします。歯周病細菌は、肺炎の原因となる物がたくさんあります。
高齢・認知症・脳血管障害・非介護などです。また、手術後などは体の防御機能が低下した状態なので、細菌を含む唾液などを誤嚥することで、肺炎にかかる可能性が高くなります。
飲食物以外のものが誤って口から胃に入る事を誤飲といい、誤って口から気管に入ってしまうことを誤嚥といいます。

4.低体重児童出産(早産)

低体重児童とは、産まれた時の体重が2500g未満の赤ちゃんのことです。低体重児には、呼吸器や心臓、脳の発達が未成熟という傾向があります。
出産は、妊婦の体内のサイトカインと呼ばれる免疫細胞の濃度が高くなった時に始まります。サイトカインの濃度が高まると、妊婦の子宮筋を収縮させる「スイッチ」が入るとされています。歯周病も進行すると、サイトカインなどの免疫細胞が体内にたくさん出てきます。妊婦が歯周病の場合、体内の免疫細胞の量も多くなっているので、正期産以前(妊娠37週以前)に、子宮筋を収縮されるスイッチが間違えて入ってしまい、十分に成長していない状態で、赤ちゃんを産む早産につながってしまう危険があります。
ある研究によると、正常出産妊婦48人と、37週以前に分娩兆候の見られる切迫早産状態だった40人を対象に出産状況を調べました。
すると、切迫早産で早産、低体重児を産んだ妊婦の歯周病菌の数は、なんと正常出産妊婦に比べ約4.5倍、体内サイトカインの量は約14倍も多かったと報告されています。
チリで、妊娠9~21週までの400人の妊婦を対象に臨床試験を行なったところ、歯周病治療をした妊婦は、治療をしなかった妊婦に比べ、早産、低体重児童の発現率が約5分の1に減ったと報告されています。妊娠、出産前には歯周病の検査を受けることも重要だと考えられます。

5.閉塞性血栓血管症(バージャー病)

バージャー病を発症すると、手足の血管で炎症が起こり、それが原因で血管がつまり(閉塞)ます。同時に神経にも影響を及ぼすため、これが原因で手足に痛みも生じます。足だけではんかう、手でも閉塞が発生するのが、バージャー病の特徴の一つです。進行すると、手足の先が壊死してしまうのです。とくに20~40代の若い男性に多い病気です。
また、喫煙との関連も強く示唆されています。日本では約1万人もの患者がいると考えられており、難病として国の特定疾患に指定されています、
バージャー病患者の口腔内と、患部の血管を調べ、バージャー病と歯周病の関連について検討された報告があげられています。
すべてのバージャー病患者は歯周病と診断され、さらにいずれも中等度から重症のものでした。また、患部の血管試料のほとんどから、歯周病菌が検出されたのです。それに対し、正常血管の試料からは、歯周病菌は全く検出されなかったのです。このことから、バージャー病と歯周病には、大きな関連があると考えられ、研究が進められています。

斉藤歯科クリニック式『歯周病治療』

斉藤歯科クリニックには、千葉市の患者さまだけではなく、様々な地域から多くの方が来院されております。
その理由として、歯周病治療の成功率の高さ、抜歯をせず治療が完了することが多いからです。
なぜ抜歯回避率が高いのかご紹介します。

拡大鏡を使用した精密歯周病治療

歯周病治療における最大の原因は、細菌の塊である歯石にあります。
歯石が歯と歯茎の間にたまると炎症を起こし、歯肉や歯槽骨を溶かしてしまいます。

歯周ポケットの深い位置に付着した歯肉は、肉眼では見ることが難しいため、除去が非常に困難です。
しかし、拡大鏡を使用すれば、肉眼の約5倍もの大きさで見ることができるため、歯石の除去をしっかりと行うことが可能です。

日本人成人の約80%が歯周病を患っています。

日本人成人の約8割が、何かしらの歯周病を患っていると考えられています。
しかし、歯周病は痛みが少なく、自覚症状が少ないため、軽度の場合は気づきにくく、放置してしまう事が多いのです。
毎日歯を磨くだけではどうしても食べ残しが付着し、虫歯、歯周病に繋がってしまいます。
このような事を防ぐためにも定期的に歯科医院での検診を受け、早期発見、早期治療を心がけて下さい。

一般的な歯周病治療

一般的な歯周病治療は、歯周ポケットの深さを測定して、その深さ、歯石の程度、歯肉の状態に合わせてステージ分けをし、ステージに合わせた処置や治療を選択します。

1.歯のクリーニング(軽度歯周病の患者さま)

クリーニング軽度歯周病と判断された場合は、クリーニングだけで治療は完了です。
何度か歯科医院に通院し、クリニーニングを行い歯石除去を行うことで、徐々に歯茎の引き締まりを取り戻していきます。

2.ルートプレーニング(中度歯周病の患者さま)

ルートプレーニングとは、歯周ポケットの奥にこびりついた歯石を特殊な器具で除去する方法です。
中度歯周病と判断された場合、歯石がある程度深い位置へ付着しているため、それを除去します。
痛みや出血を伴うので、治療には麻酔を使用します。

3.外科処置や歯周再生療法(重度歯周病の患者さま)

重度歯周病のステージになると、ルートプレーニングでも届かない位置まで歯石が付着しているため、麻酔をし、歯茎の一部を切開して歯の根本部分から歯石を除去する方法になります。
場合によっては歯周再生療法(エムドゲイン)という治療を行います。

若いときにしておけばよかった事の第1位:歯の後悔

上記の画像は、55歳から74歳までを対象にしたアンケートです。
ご覧のように、歯の欠損が多く見られる年齢になると『歯の定期検診を受けておけばよかった』と後悔されている方が多く見受けられます。
このように後悔をしないためにも、若く、歯が健康な状態から定期検診に通い、自分の歯を多く残しましょう。

高周波治療器コスモアイキュアで歯周病治療

斉藤歯科クリニックでは高周波治療器コスモアイキュアを導入しています。
歯内療法(根の治療)に使用したり,歯周病治療に応用することが可能です。
高周波の作用を利用し、歯周ポケット内に微小の高周波を通電することによって歯周ポケット内の細菌を死滅させます。
組織の瞬間殺菌と同時に細胞を活性化させ、生体治癒能力引き上げることができます。しかも痛くありません。
特に、歯周病治療に効果的で、切らずに治すことができます。
他にも、歯の痛み・根の治療・むし歯の殺菌・その他にも幅広く応用のきく優れた器械です。

コスモアイキュアとは?

コスモペリオエンドシステムは電気的に高周波電流発生装置と超音波振動発生装置の2つの装置からなっています。
高周波電流発生装置部は歯周ポケット内の消毒、滅菌を行うことができます。また、抜髄処置・感染根管治療における滅菌なども巣路事が出来ます。
次に超音波振動発生装置は、超音波スケーラーと超音波拡大、歯周ポケット洗浄機として利用することができます。
ペリオエンドシステムは抜髄から根管長測定・拡大洗浄・滅菌を効率よく行うことができ、歯周病処置など今までにない新しい治療法を提供いたします。
イリーガルを搭載することにより、CM-016Eチップ先端部より薬液など液体を噴出させることができます。これを利用すると歯周病などの治療の際に効果を発揮します。液体用のタンクは2つあり背面で切り替えることが可能になっているので、治療中に液体を交換することなくスムーズに治療を行うことができます。

目に見えない審美治療~口臭で悩んでいませんか??~

お口の臭い、気になりませんか??

近年、口臭についての悩みを持つ方が増えています。
口臭の有無に関わらず気になる、“自臭症”と言われる症状を持つ方も少なくありません。
口臭の原因の多くは、日頃の口腔ケアにあると言われています。
しかし、歯周病や他の病因によるものもあります。
当院では、口臭検査装置により口臭の有無を数値化し原因を調べ適切な治療・対応を行っています。

目に見えない審美治療

最近は、審美治療という言葉を聞く機会が増えてきました。
しかし、その多くは“歯列矯正”や“ホワイトニング”といった目に見える審美治療です。
口臭は、自分だけでなく他人が鼻で感じる形のないものです。
口臭で悩むのではなく、原因を見つけ適切な治療する目に見えない審美治療始めませんか??

口臭検査

口臭の原因とされる成分(ガス)は大きく分けて3つあります。
舌苔や虫歯・歯周病、食べ物や内臓疾患が大きな原因です。
当院では、口臭検査装置を用いてそれぞれの成分を精密に検査し症状に応じた対応を行っています。
検査結果は8分で判り、費用は¥1,000+消費税です。口臭治療は、悩むのではなく早期に原因を見つけ対応することが重要です。
目に見えない審美治療として口臭治療、始めませんか?