小児歯科

斉藤歯科クリニックの小児歯科への取り組み

お子様の治療においては、成人への治療とはかなり治療方針が異なってきます。
成人の場合は、悪くなってしまった歯を治療する。という事がメインになってきますが、小児歯科においては、歯を健康な状態のまま成長させるという意味合いが強くなってきます。

お子様が虫歯にならないようにお願いしたい事

虫歯とは、口腔内にいる細菌によって引き起こされる感染症です。
虫歯にならないためには、虫歯の病原菌から歯を守ることが重要です。

1.病原菌の除去

新生児に虫歯の病原菌は存在しません。
親御さんの食べ物の口移しや、同じスプーンなどで食事をする事で感染してしまうのです。
なるべく口移しで食事をしない、するのであれば、親御さんのお口の
状態を清潔にしておきましょう。

2.抵抗力を高める

上記でも記載した通り、虫歯も感染病の一種です。感染症になってしまうのは、身体の抵抗力が弱まっている時です。
普段から栄養のある食事を摂ったり、運動し抵抗力を高める事も虫歯予防に繋がる事を意識して下さい。

歯を守る為に斉藤歯科クリニックが行う3つの方法

ご家庭でできる虫歯予防と合わせて、歯科医院での定期的な予防処置を行うことによって更に虫歯予防促進に繋がります。
当院で行える虫歯処置を3つご紹介します。

1.歯磨き指導(TBI)

子供の歯は形が小さく、歯並びも複雑なので成人よりも磨きにくいです。少しでも磨き残しがあるとそこから虫歯は広がっていってしまいます。そこでTBIという歯磨き指導があります。幼少期に正しい歯磨きを覚える事によって、今度、虫歯になるかどうかも大きく変わってきます。

2.シーラントで溝を埋める

歯の表面には複雑な溝があり、この部分に食べ残しが付着し、虫歯になってしまう恐れがあります。
そこで、虫歯の原因となりやすい、溝を埋めてしまうのがシーラントです。でこぼこがすくなくなり、食べかすが残りにくくなるため、歯の予防に繋がります。

3.フッ素塗布

フッ素は歯を虫歯に強くする働きがあります。市販の歯磨き粉などにも含まれていますが、歯科医院では、歯磨き粉などのフッ素よりも高濃度のフッ素を直接塗ることによって、抵抗力を高める方法があります。

千葉中央で小児歯科をお探しの方は
当院までお越しください。

斉藤歯科クリニックの小児歯科では、虫歯を治すだけでなく、虫歯にならないように習慣付けをさせるという事を大前提としています。
周辺の地域からも多くのお子様が来られていますので、千葉中央で小児歯科をお探しの方は、是非、斉藤歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。